ヘアケアの仕方ひとつで髪の毛が健康的に

今では、薄毛や抜け毛のことを医療関係者が脱毛症と呼ぶほど、その治療法に注目が集まっています。今はよくとも、年齢を重ねれば誰しもいつかは経験する、髪の毛の減り。日頃のヘアケアが大切なのは言うまでもありません。髪の毛を染めたり、無理な負荷がかかる髪型にしたり、ストレスの多い生活を送っていたりする人も多いでしょう。ストレス社会といわれて久しいですが、他にも偏った食事や不規則な生活が原因になることもあります。
ヘアケアの仕方次第で、今よりも健康的で、美しい状態にすることもできます。あるときには何とも思われない髪の毛ですが、減ってくると次第に周囲の視線が気になってくるものです。また、フサフサな人であっても、不健康な髪の毛は、見た目の印象を損なう元にもなります。

髪の毛の洗い方の違いで差が生まれる

洗髪の仕方ひとつでも、髪の毛の状態を良好に保つことができます。まずは、自分の体質にあったシャンプーを選ぶことが重要です。頭皮にしみるシャンプーであったり、洗髪後頭皮にかゆみを覚えたり、フケが出てしまうものは避けましょう。体質の問題なので、これはと思うシャンプーを探すことが大切です。
実際の洗い方ですが、まず、二度洗いが有効です。一度目は髪の毛についた汚れを落とします。二度目に頭皮をやさしく洗います。髪の毛の汚れは不潔なものですが、髪の毛の健康を考えると、頭皮をたえず清潔に保つことが重要です。それから、シャンプーが残ってしまうと頭皮に負担がかかります。よって、洗髪後は丁寧にゆすぐことも必要です。ポイントは、強くこすらず、爪を立てずに、指の腹でやさしく洗うことです。

頭皮マッサージで髪の毛を良好な状態に

頭皮マッサージも大変効果的です。血流を良くし、髪の毛の成長を促します。頭皮マッサージは、お風呂で髪の毛を洗う前に行なうのがよいです。
この場合にも、爪を立てず指の腹でやさしく刺激してあげることが大切です。指の腹を使って、頭皮を押す、離すという動作を1日5回程度繰り返すだけでも効果を期待できます。ポイントは、痛みを感じる部分を重点的に刺激してあげることです。痛い箇所は往々にして血流が悪くなっている場所である可能性が高いからです。それから、注意点としては、指の腹をしっかりと頭皮にくっつけて押す、離すを繰り返すとよいです。頭皮を前後左右にこすってしまうと、髪の毛が抜けてしまうことがありますし、頭皮を傷つけてしまうこともあります。
ストレスや食生活などさまざまな要因により、髪の毛の状態は変化します。しかし、日頃のヘアケアで、髪の毛を今よりも良好に保つこともできます。

お得な定期便は、サイクル指定もできるのでとても便利! 2014年に誕生した「蘭夢黄金率」は39種類の成分を配合した育毛剤です。 育毛剤蘭夢の有効成分「ニコチン酸アミド」は、髪を作る毛母細胞を活発にします! 蘭夢100mlで、約一ヶ月使用できます。 抜け毛予防なら蘭夢をご利用ください。 100日以上咲き続ける洋蘭マリーローランサンのエキスが発毛に働きかけます。 毎日続けるヘアケアで抜け毛対策